リボルビング払い

リボルビング払いとはいったいどのような支払方法なのか

リボルビング払いという言葉は、聞いたことがある人が大半ではありますが、内容をきちんと理解できているかは人それぞれです。便利でありながら、コスト高になってしまうリスクもはらんでいる支払方法なので、リボルビング払いとはいったいどのような支払方法なのかをきちんと整理しておきましょう。まず、リボルビング払いとは、毎月の支払額を一定にする支払方法のことです。支払額が一定になるため、高額の買い物をした際でも、一気に支払う必要がなくなります。支払額が安定するため定額の給与を生活の原資としている家計にとっては特にありがたい支払方法です。しかし、リボルビング払いにはデメリットもあります。リボルビング払いとは一種の借金ととらえることもできます。支払い日を実質的に先延ばしすることができるからです。そのため、リボルビング払いをする際には金利を請求されることになります。普通預金金利よりは高めに設定されるので、トータルの実質支払額が増加してしまうという短所もしっかり理解しておきましょう。

リボルビング払いは返済方式等で変わる利息負担に着目を

リボルビング払いは毎月定額の返済となるので計画が立てやすい一面があります。クレジットカードをはじめ、カードローンもリボルビング払いが主流ですが、気をつけたいのは残高スライド方式です。残高スライド方式とは残高に応じて返済金額が変化する方式です。残高が減れば返済金額も減り、増えれば返済額も増加する、合理的な仕組みではあるのですが、要は元金充当分がいくらなのかという点が大事なのです。特にカードローンの場合は元利定額と元金定額方式などがあり、ショッピングローンと比べても利息の負担は大きくなります。ショッピングローンの場合は会社によって異なりますが、同じリボ払いでも残高に関わらず、返済金額が一定なケースが主流です。しかし、カードローンの場合はスライド方式なんで返済金額が減ると、元金充当分も減ります。ここが便利なようにみえて注意が必要なのです。リボルビング払いでもカードローンの場合はATMで明細書が発行されますので利息と元金の割合を確認してみてください。余裕が出た時は返済金額に充てて、元金を減らしていくこと、利息よりも多くなるように返済を計画していくことが大事です。

リボルビング払いの計算方法を分かりやすく解説!

リボルビング払いの計算方法は分かりやすそうで実は分かりにくい、なんて意見が目立ちます。リボルビング払いはショッピングやキャッシングの支払いでよく使われるメジャーな返済方法で、利用金額に関わらず毎月一定金額を返済するシステムが特徴的です。毎月の支払い金額が上下せず一定に保たれているので、お金の計画が立てやすい点が大きなメリットです。一方、「金利の計算方法がややこしい」なんて声が目立つのは、手数料の問題が絡んでいると思われます。実際、金利に関してはリボルビング払いは少々複雑な計算になります。例えば、年利が15%の場合、返済状況、計算方法によって実際の金利は変わってきます。年利とは1年間借りたままにした時の手数料の割り出し方ですが、ショッピング利用にしてもキャッシング利用にしても1年間借りっぱなしの方はいません。1ヶ月後に返すとすると1.25%、2ヶ月後は2.5%、半年後なら7.5%と数字は動いていきます。つまり、15%の年利契約で1万円を借りて翌月に返済すれば、「1万円×1.25%=1万125円」と言う計算式が成り立ち、1月分の金利手数料は125円分と言うことが分かります。

リボルビング払いのしくみはどのようなものか

キャッシングやカードローンの返済方法はリボルビング払いになっていることが多いです。これは予め設定しておいた金額を返済し、利用額にかかわらず一定額になるしくみになっています。このしくみはリボルビング払いのメリットでもありデメリットでもあるため、よく理解して利用しなければなりません。毎月の返済額が一定であれば月々の返済の負担は減りますが、金利が下がるわけではないため利用額が増えれば元金が減りにくくなり、返済期間が長引いて利息の総額が増えます。その結果、場合によっては返済額の総額が利用した金額の倍以上になってしまうこともあるしくみになっています。そのため、リボルビング払いを利用するときには返済額の設定を高めにして元金が減りやすくしておくと良いです。また、余裕があるときには繰り上げ返済の利用も効果的です。繰り上げ返済を利用する場合、金融機関によっては手数料が発生したり連絡を入れる手間がかかるものもあるため、手数料なしで連絡不要の金融機関を利用すると便利です。

リボルビング払いと一括払いの違いについて解説

買い物でクレジットカードを利用したときに、料金の支払い方法として一括払いやリボルビング払いがあります。こちらから指定しなければ支払方法は一括払いになり、翌月の引き落としの際に全額が口座から引き落とされますが、手数料は発生しないため無駄にお金を使わずに済みます。リボルビング払いは利用額に関係なく、設定した金額が毎月引き落とされるものであり、一度にお金を払わずに済むため高額の買い物をしやすくなっています。ただし、利用額の返済が終わるまで引き落としは続き、利息などの手数料も発生するため、余分にお金が必要になります。支払いに一括払いを選択した場合でも、お金に余裕がなくなったときに後からリボルビング払いに切り替えることもできます。リボルビング払いを利用するときの注意点として、利用額が設定額を下回っていれば一度の引き落として全額払うことができますが、この場合でもカード会社によっては手数料が必要になり、無駄が発生することがあります。
出典:専業主婦でも借りれるキャッシング【専業主婦お金借りる委員会】

リボルビング払いの全てを大暴露!メニュー